エクセル研究室−Excelの基本的な使い方、応用技を紹介

INFO関数の入力例

INFO(検査の種類)


計算式 =INFO("release")
答え 14.0

※現在の操作環境についての情報を返します。この場合、エクセルのバージョン(12はExcel2007)が答えとなります。
検査の種類 INFO関数の戻り値
directory カレント ディレクトリ (フォルダ) のパス名
numfile 開かれているワークシートの枚数
origin "$A:" で始まる文字列として返されます
R1C1 参照形式 "$A:R9C4"
osversion 現在使用されているオペレーティング システムのバージョン
recalc 現在設定されている再計算のモード ("自動" または "手動")
release Excel のバージョン
system 操作環境の名前Macintosh では"mac",Windowsでは "pcdos"